トップ / 金融機関の計画的な利用

金融機関の計画的な利用

金融機関利用の注意点

無審査

金融における借り入れと返済額

金融というと、株で儲けるというイメージがあるかもしれませんが、貸金も立派にその枠組みに入っています。お金を借り入れて、その返済額は幾らという事も非常に重要です。お金を借り入れする時は、収入なども考えて総合的な返済額を考える必要があります。ただ、闇雲に借りると、多重債務への道へ走ってしまいます。お金というものは計画的に使わなくてはいけません。借りる時も一緒です。金融という枠組みから見ると、借りる事は悪ではありません。計画的に使えば、得をする事が多くあります。事業に、家計に、借りる時は計画的な返済プランをまず持ってから借りてください。

借り入れと返済額の関係

消費者金融などから借り入れを行う際、どのような点に注意すればよいでしょうか。毎月の返済額との関係から考えてみましょう。結論から言うと、住宅ローンを除けば、今回借りる分も合わせた借金の総額について3年で支払い終わるかどうかが一つの目安になります。それを超えると金利などで厳しくなってきます。消費者金融では月々の返済額に関しても契約の内容となりますので、それが自己の収入で払えるかどうかも加味しながら、ちゃんと3年以内に返し終わるかを考えましょう。すなわち、お金をいくら借りるかだけではなく、月々いくら返すかにも着目して借り入れをしましょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 金融機関を選ぶ方法とは. All rights reserved.